SNS対策!SNSを知ろう(ツイッター&フェイスブック)

SNS(Social Networking Service)とは

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスとは 人と人とのつながりをWeb上(HP上)でサポートを行うコミュニケーションの場になります。「リアルな友人からWeb上の友人まで」つながりを持つことができる場です。

Web上の合コンといえば簡単に聞こえると思います。 この「合コン」の必要性を特にBtoCを行っている企業は強く感じており、数多くの企業が参入しております。 近年ではBtoBの企業でも参入傾向にあり、特にFacebook・Twitteなどが日本では有名です。

   マーケティング環境の変化 (SNS)

   ソーシャルメディア(SNS)の日本の種類

   日本のソーシャルメディア(SNS)の利用率

   本来の企業のHPの重要性・SNSと比較検証

   初心者のためのツイッター(Twitter)講座

   ツイッター(Twitter)活用で利益上昇事例

   Facebook(フェイスブック)の基本用語

   Facebook(フェイスブック)を始めるために

   Facebook(フェイスブック)広告のポイントと有利性

   Facebookページ(フェイスブックページ)でファンを増やして「いいね」を大量獲得!加速度的に増やすための4つの方法!!

   今後ユーザー数が一番増えるソーシャルメディアとは?

   Facebook,mixi,twitter,3大ソーシャルメディアの利用率

2011年

12月

19日

SEO・HP関連のまとめWebサイトを強くする!

SEO対策を考えるTOP

SEOのブログ比較

集客するためのブログを作ろう

「SEOのポイント」SEOの基本①-1

「サイト情報量」SEOの基本①-2

「キーワードの設定」SEOの基本①

「ソースを理解する」SEOの基本①-4

「サイトの情報量」SEOの基本②-1

「SEOの文章」SEOの基本②-2

「SEOのテキスト数」SEOの基本②-3

「リンクのポイント」SEOの基本③-1

「リンクを集める」SEOの基本③-2

「検索エンジンについて」SEOの基本③-3

「リンクはなぜ重要か」SEOの基本③-4

「どのようなリンクを集めるか」SEO対策基本③-5

「リンクは質だけ?」SEO対策③-6

被リンクサイト集 SEO

無料被リンク登録サイト SEO

Googleページランクとは

インデックス化を行う(SEO対策)

HPからの問い合わせのポイント

HPは営業マンと同じ

信頼されるHPつくり

HPを立ち上げたら

Yahoo!リスティング広告のポイント

HPの面談対応と電話対応

HPの価格帯の考え方

行動ターゲティング

SEO順位を最速で上げる

SNS対策 フェイスブック・ツイッター

マーケティング環境の変化

ソーシャルメディアSNSの種類

‣日本のSNS利用率

‣本来の企業HPの重要性

‣初心者のツイッター(Twitter)

‣ツイッター(Twitter)活用で利益上昇

‣Facebook フェイスブックの基本用語

‣Facebook フェイスブックを始める

‣Facebook 広告のポイント

 



プログラミングの基本知識

C言語-プログラム基本

Java-プログラム基本

Perl-プログラム基本

Perl-プログラム基本

 

 

 

グーグルアナリティクスの基本

なぜHPには分析が必要!?グーグル(google)アナリティクスの分析

 

 

サイト管理者が知っておきたいサイトTOP

 

HPのフリー素材 一覧

 

サイトマップを自動で作成し

Googleに送る方法(Webマスターツール)

0 コメント

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social network service、SNS)とは、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事である。代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最大の会員数を持つmixi(ミクシィ)、モバイル向けのGREE(グリー)、モバゲータウン、海外では世界最大の会員数を持つFacebook(フェイスブック)、それに次ぐMyspace(マイスペース)などがある。

広い意義は、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログも広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービスと定義される。あるいはそういったサービスを提供するウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、人と人とのコミュニケーションにある。友人・知人間のコミュニケーションを促進する手段や場、あるいは趣味や嗜好、居住地域、出身校、「友人の友人」といった自身と直接関係のない他人との繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供している。以前は、人の繋がりを重視して「既存の参加者からの招待がないと参加できない」招待制のシステムになっているサービスが多かったが、最近は登録制のソーシャル・ネットワーキング・サービスが多くなっている。2006年にはGREEがモバイル版の開始と同時に登録制になり、2010年3月にはmixiも招待制を廃止し登録制に移行した。また、2004年頃より大手企業各社でも社内でのコミュニケーションの活性化や内定者囲い込み、SOX法対策等にも使われはじめており、有名な事例としてはジョンソン・エンド・ジョンソン、NTT東日本の社内活用や、総務省の省内活用があげられる。社内ソーシャル・ネットワーキング・サービスには情報の地域間格差を解消するために導入している企業も多い。また、2008年12月10日までmixiが18歳未満は登録できないことになっていたため、「ソーシャル・ネットワーキング・サービスは18歳未満は登録できない」という話があるが、これは誤りである(18歳未満でも登録できるソーシャル・ネットワーキング・サービスはある)。誰でも参加できる掲示板等と異なり、すでに加入しているユーザからの紹介がないと参加できないサービスもある。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルインターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としているソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーをサイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。ユーザー課金モデル提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなどソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)他サイト誘導・連動モデルソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスはこのモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスのモバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)