2013年

1月

19日

運送業界の動向と現状2013年

運送業界の動向と現状2013年

成長率:

平成13年度の11兆円から平成18年度の14兆円と拡大するものの平成19年度は前年度比微減(社団法人全日本トラック協会)。平成20年度以降はリーマンショック等による景気低迷により市場成長率は減少傾向にある。

 

運送業界背景

1990年の法改正による規制緩和による新規参入の増加。
・その後、輸送事業が伸び悩む中での事業者間の過当競争。
・その結果、荷主優位の需給環境。
・大手運送会社の採算度外視での受注荷物の、下請け運送会社への再委託運送の構造。

・急激な燃料価格の上昇。
・その上昇部分を荷主に値上げできずに、燃料費の負担増を自社で負担せざるをえなかった。
・世界的な景気の後退による企業物流需要の大幅な減少。