悪い交渉術を教えましょう

 

このページでは悪い交渉術を教えます。営業マンや会社で働くすべての人々にお贈りいたします。

 

 

 

  希望額が割れ「中を取りましょう」といわれたときの切り替えし

会社側と営業側に例えて話をします。

営業マンはある商品Aを会社側に100万円で販売したいと思っています。

 

 

交渉が進むにつれて、良い商品Aであることは伝わったものの、予算的には50万までしか出すことができないと、会社側が伝えてきました。

 

 

交渉は決裂に向かいそうです。

 

 

ただ、予算的にといった時点で「購入の意思」が感じられたため、「75万円」で手を打ちませんか?

 

 

 

と大胆にも25万円の値引きを言われてしまいました。

ここで、ダメ営業マンであれば、社に戻って相談します。とか「厳しいですよ」などの言葉を発してしまいますが、ここは違います。

 

 

「社長、そこまですんなりと中を取りましょうと誠意を見せられてしましますと、仕事をもらう側ですので、何も言うことができません・・・」

 

 

と話してみてください。また、後は黙っていてください。

 

 

95万か100万で契約はきまります。

「信じるかどうかはあなた次第です」

  条件を飲ませる方法

これは、あからさまに悪い条件の飲み込ませる方法です。

「対比法」という方法を利用します。

 

 

「対比法」とは、ある一方と一方を比べることで判断する方法になります。

 

 

つまり、最悪の条件よりも、もっと「最悪な条件だったこと」を伝えます。

どのようなことかというと、会社で左遷で転勤を言い渡された部下が、うきうきで転勤にやることも可能です。

 

 

どのように伝えるか、さらに最悪の条件を伝えます。「本当はリストラの対象だった」とのことを伝え、こういいます。「何とか頑張って話、お前のいいところを伝えたら、〇○の地域だったら、お前で変えられると押しておいたぞ!」

 

うきうきで転勤したそうです。

 

2011年

12月

23日

悪いテクニックを磨く まとめ!

悪いテクニックを磨く デートの誘い方成功率UP法

即決させる方法

「おだてる」方法

悪い女になってみる

人気者になろう

嫌な空気を変える方法

ゴマをする方法

真実のウソ

部下に好かれるテクニック

悪い交渉術

悪い交渉術②

デートの誘い方成功率UP(アップ)法

  ‣デートの誘い方!成功率UP(アップ)法-2

  ‣デートの誘い方!成功率UP(アップ)法-3

  ‣デートの誘い方!成功率UP(アップ)法-4

アイディアの引き出し30の秘訣! 自分の市場価値を高めよう!

アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣別の答えを探す-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣基本的な条件を上げる-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣創造性のテスト-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣たとえで物事を考える-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣エジソン流-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣組み合わせる-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣いつものやり方-アイディアの引き出し30の秘訣

  ‣潰される-アイディアの引き出し30の秘訣

自分の市場価値を高めよう

  ‣ビジネスコミュニケーション能力

  ‣文章コミュニケーション

  ‣図解を活用するメリット

  ‣図解コミュニケーション効果

  ‣「良い図解」の書き方を解読する

  ‣文章を図解する場合の3つのポイント

  ‣マルの構造・位置・関係

  ‣基本的なマル組み合わせ

  ‣矢印で関係・流れ・方向を表現する

  ‣基本的な矢印の組み合わせ

 

0 コメント