金融取引法とは

 

 


金融商品取引法とは、「証券取引法」などを改正し成立したものを言います。
この法律の目的は、多くの金融商品について開示制度や取扱業者への制限を定めることで、国民経済の健全な発展及び投資者の保護に役立つ、ということです。

 

 具体的には、金融商品(証券取引法や金融先物取引法)から、さまざまであった販売や勧誘のルールを一本に統一をおこなうことで、投資者の保護から、政府が提唱する「貯蓄から投資へ」環境作りを実現する法律です。

今までは、有価証券(株券、債券など)については「証券取引法」が適用され、金融先物取引については「金融先物取引法」が適用され、金融商品ごとに異なった法律が定められていました。
ところが現代、法律の隙間を突く金融商品が相次いで出現したため、投資家が被害を受けるといった状況がとても多くなりました。

 

 

 

 このような状況を受け、、幅広い金融商品を広範で・総合的に対象とすることが出来る、新しい法律の枠組みが必要となったのです。

金融商品取引法は投資家保護の視点から、投資の対象となる金融商品取引に関する多くの制限を定め、金融商品の販売・勧誘に関わる証券会社や証券取引所などに対する制限も組み込まれています。