財務諸表

   財務諸表とは

 

 


財務諸表は、決算書と呼ばれることが多く複式簿記に基づいて作成される書類のことを指します。

財務諸表の目的は、企業が利害関係者に対し、一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにすることです。

 

 

財務諸表には、日本における会計基準より、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュ・フロー計算書(C/S)・株主資本等変動計算書(S/S)が含まれます。

注記など副次的な情報とともに開示することが主ですが、副次的な情報と区別する意味で基本財務諸表と呼ばれることがあります。

 

 

財務諸表にはさまざまな種類があり、個別財務諸表(単一企業について作成する財務諸表)、連結財務諸表(子会社を含んだ企業グループを単一の組織体とみなした場合、親会社が作成する財務諸表)、四半期財務諸表及び四半期連結財務諸表(四半期決算で作成する財務諸表)などが、挙げられます。

 

 

財務諸表は、会社法、金融商品取引法や業法等で取締役等に作成が義務付けられ、一般に公正妥当と認められた会計基準により作成されるものと言われています。
金融商品取引法より、有価証券報告書の提出が必要な会社(上場企業)の財務諸表は、EDINETで見ることが可能です。

 

 


また、上場企業以外の株式会社は、定時株主総会の終結後すみやかに、貸借対照表、または貸借対照表および損益計算書を、企業ウェブサイト、日刊新聞紙又は官報のどちらかで公告することが義務づけられています。

 

 

会社法上の大会社や上場企業などの一定の企業の財務諸表においても、不正を防ぐため、監査法人もしくは公認会計士の監査を受けることが法で義務付けられています。