総勘定元帳とは

 

 


 

総勘定元帳とは、主要簿と呼ばれ、一般的に元帳と呼ばれます。
期首から期末までに発生した全ての取引について、仕訳、勘定科目を発生順に記録、各勘定科目ごとに集計、をおこなった会計簿です。

 

総勘定元帳は、まず取引の発生した順に、仕訳帳に取引を仕訳した後、仕訳帳から各勘定科目の勘定口座に転記、という流れで作成されます。

また、保存期間は、会社法では10年間、法人税法・所得税法では7年間です。
さらに、総勘定元帳は、株主が会社法に規定のある、会計帳簿閲覧権を利用し、閲覧または写しとりことの可能な資料に当てはまります。

 

 

また、税務署の税務調査が企業に入った際には、総勘定元帳をベースに調査が進められることから、税務調査をおこなう旨の連絡が入ったら、必ず総勘定元帳数事業年度分の準備が必要となります。

 

 


税務調査では、売上や仕入に関する箇所に調査の重点が置かれ、時間の許す限り、総勘定元帳の確認をおこない、特に、金額の大きい経費の領収書の確認や交際費などの領収書のチェックには十分な時間を割きます。

 

 


それらの中に、役員報酬に該当するものがないか、交際費以外の勘定科目で処理されているものの中で、交際費に該当するものはないかなどを中心に税務調査が進められるので、総勘定元帳が非常に重要であるといえます。