経営改善計画書

  経営改善計画書とは

 

 


経営改善計画書とは 本来であれば、金融機関から融資を受けるためには、自社を適切に評価してもらう必要があります。経営の改善をした計画ですので、業績が悪化している原因を確認・分析を行い、より具体的な改善を提示し、金融機関に提出することが融資を受ける際に必要になってきます。

 

経営改善計画を考える際に一緒に損益計算書(P/L)の改善を行っていきます。具体的には損益計算書(P/L)なので、

 

・売上UPのための販路開拓

 

・仕入原価を下げる

 

・販売管理費の削除

 

・人件費の見直し

 

 

 

などが行われます。「経営改善計画」ですので、上記のような内容をすべて確認をし、損益計算書(P/L)を改善した段階で「経営改善計画書の作成」をおこなっていきます。


返済猶予(リスケジュール)を行った上で、⇒経営改善計画(損益計算書の改善)が必要になります。