決算申告

   決算申告とは

 

 


決算申告とは、「毎年ある特定の日」を決定し、その日までの1年間の利益や売上を計算することを、決算といいます。

 

その「毎年ある特定の日」は「決算日」と呼ばれ、決算書を作成しなければなりません。

 決算書というのは、企業の決算手続きに基づいて、作成される決算報告書のことです。一般的には、「財務諸表」といわれます。

 

 財務諸表は、報告の目的により、作成する事が義務づけられています。例えば、会社法、証券取引法、法人税法等です。

 

 

 決算書類の名称は、各制度により異なりますが、内容については実質的に同じであり代表として、損益計算書と貸借対照表が挙げられます。

 

 

 

 

 

   貸借対照表とは

貸借対照表とは、決算期末時点での企業の資産内容を明確にしたものであり、示されている結果は主に、財務活動と投資活動です。

 

 

 

貸借対照表は、「資産(assets)」「負債(liabilities)」「純資産(equity)」の3点で構成されています。

 

 資産とは、会社の財産である、現金、売掛金(売上代金のうち未回収分)、商品、不動産、営業権によって構成されている、資金の運用形態のことです。

 

 負債は、資金の調達源泉の1つとして、買掛金(商品や原材料の購入代金のうち未払い分)、借入金、社債などの株主以外からの資金の調達分で構成されているものです。

純資産は負債同様、資金調達源泉の1つであり、株主からの出資分と、創業からの事業活動における利益の累積分、少数株主の持分、この3点の合計によって構成されています。