業績が良い企業の3つの共通点(ブログ)

業績が良い企業となかなか回復しない企業。
一体何が違うのか、今まで指導した企業様を想い起こしてみると、業績の良い企業にはある共通点があります。
その共通点とは

 

 

①事業計画書を作成している
②作成した事業計画を現場に周知徹底している
③進捗管理がなされている

 

 

という3点ではないかと思います。
その他、色々と要因はあるのでしょうが、売上が計画通りかそれ以上の結果を生み出している場合はほぼこの3点は共通しています。

 


 
①事業計画書を作成している

 

いわゆる損益の計画書のことで、各項目について「予算化」します。
これを作成する際にも実は目的によって方法は異なります。
例えば、営業目標を意識して作成する場合には少しストレッチしたものを作成しますが、資金繰りや企業の存続がかかっている場合、また、銀行など金融機関に提出する場合はかなり現実的にシビアな売上計画を作成します。
「予算化」する場合にはまず後者を意識した計画を作成し、現実的に最悪の状況を考慮した売上計画を策定し、その売上でやるためには経費関係をどれだけ使えるのかという考えのもとに各経費をこれだけ使っても良いよ、という「予算化」していきます。
また、売上にかかる原価もシビアに高めに設定していきす。これらを掛け合わせて最悪のシナリオを作成しそこから各所を再度見直して計画を完成させるというやり方です。

 

 

 
②作成した事業計画を現場に周知徹底している

 

多くの企業の場合、計画作成は経営者や役員が作成する場合が多いので、実際に現場で動く従業員の方々まで浸透していないとせっかくの計画も意味がなくなってしまいます。
作成したことに満足してしまわずに、この計画を作成した経緯や意図をきちんと説明し理解させることが何よりも重要です。

 

 
③進捗管理がなされている

 

作成した計画に対しての進捗を毎月確認することで、計画との差異や異常値を即座に把握することが可能になります。
これも非常に重要で、現場に意図が浸透していないのか、やりかたが良くないのか、計画自体の修正が必要なのかなど問題点を発見することが容易に出来、修正も迅速に出来るようになります。
 
このように、この3点の要素が重要ですが、特に②と③は必須です。
 
私が一昨年から関わっているある企業では、金融機関への提出用の計画書の作成をきっかけに大きく変わりました。
作成の際に社長だけでなく、各部門の方々も交えて作成し、その後朝礼や定例の会議の場で意図を伝え、進捗を月次で確認するということを繰り返し、今では前年比で売上は20%増、利益水準も好調に推移するようになっています。

 

 

私たちは、決算数値をもとにある程度問題の点など指摘は出来ますが、特に原価部分や在庫などはどうやってどの位改善できるのかは、現場の方々に取組んで頂く方が圧倒的に改善が早く効果が高いので、これらのことに注意してやっていくと効果が得られると思います。