株式会社設立後 損益計算書にある5つの利益

 損益計算書にある5つの「利益」コラム

 

 


よく社長とお話すると、「最近利益が出ていなくて困っているんだ・・」ということをいわれます。ここでポイントになるのは社長がおっしゃった「利益」がどこの「利益」を指しているかということです。

 損益計算書には5つの利益があります。「売上総利益(粗利益)」「営業利益」「経常利益」「税引前利益」「当期純利益」です。

 経営をしていくうえでは社長はどの利益を押さえておく必要があるのでしょうか。

<<まず、それぞれの用語について簡単に意味を押さえていきましょう。>>

「売上総利益(粗利益)」・・売上から売上のためにかかる売上原価を引いたもので大まかな会社の利益、会社の商品力がわかる

 

 

 

「営業利益」・・      粗利益から販売費及び一般管理費を差し引いたもので企業本来の営業活動の実力を表す利益、会社の営業力がわかる

 

 

 

「経常利益」・・      営業利益に資金繰りなどの財務活動の収益や費用を反映させたもの、会社が通常の活動でどのくらい利益を出せるかを表し、会社の総合的な実力や経営力がわかる

 

 

 

「税引前利益」・・     経常利益に特別に発生した収益・費用を加味したもの

 

 

 

「当期純利益」・・     税引前利益から法人税等を差し引いたもので会社が一年間で稼いだ本当の利益を表す

 

 

 

このなかで銀行が重要視してくるのはどの利益なのでしょうか?(どの利益も大切ではありますが)当然、決算書の一番下に出てくる当期純利益・・・・と考えがちなのですが実は違うのです。

 

 

 一番大事にしているのは、「経常利益」です。上記の説明でもあるように、経常利益で

は会社が通常の経営活動でどのくらい利益をだせるのかを表しています。

 

 

 一方、当期純利益には特別に発生した収益・費用、例えば建物などの固定資産の売却

時の損益も含まれます。突発的に発生したお金も含んでいるので、翌期発生するかはわかりません。

 

 そのため、銀行は「経常利益」を重視するのです。

 

 

 また、銀行は経常利益を見るときは営業利益との金額差がどのくらいあるかを見てき

ます。経営をしていくうえで押さえておいてください。