SWOT分析とドメイン

   SWOT分析について

起業家は、強み、(Strength)、弱み(Weakness)、会(Opportunity)、脅威(Threat)という4つの視点から、自己分析とその環境の分析が必要であり、SWOT分析は、その考え方と手法を体系化したものです。

 

 

自己の分析とは、自己の客観的な強みと弱みを明らかにすることであり、環境の分析とは、自社を取り巻く環境(顧客、市場、他社、政府、経済状況などの競争要因)に関するビジネス上の機会と脅威を明らかにすることです。

 

 

業界にどのような競争要因が働いているかがわかれば、そのなかで自分にどのような強みと弱みがあるかを分析することができます。業界分析と自己分析を組み合わせることで、経営戦略が明らかになります。

 

 

競争要因ごとに、まず、どのような機会と脅威があるかを考えます。同時に、そこでの自分の強みと弱みは考えていくのです。

 

 

▼  自分の強みによって取り込むことができる事業機会は何か。 

 

▼  自分の強みによって脅威を回避できないか、他社には脅威でも自社の強みで事業機会にできないか。

 

▼  自分の弱みによって事業機会をとりこぼさないためには何が必要か。

 

▼  脅威と弱みのはち合わせによって最悪の事態を招かないためにはどうすべきか。

 


こうした視点から攻めと守りの戦略を明らかにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

   ドメインについて

企業活動の範囲・領域をドメインといいます。それは、企業の生存領域を示すものであり、自社の事業ドメインをいかに定義するかが企業の発展の方向性を決定づけます。

 

 

ドメインの決定とは、企業の戦う領域を決めることであると同時に、戦わない領域を明らかにすることでもあります。つまり何をするか、何を捨てるのかということです。そして、その決め方には、製品やサービス、および自社の強みである技術から定義する方法、市場ニーズから定義する方法などがあります。

 

 

「トマトと野菜カンパニー」を目指すカゴメ、液晶技術を基盤にオンリーワン企業を目指すシャープは前者のケースですし、団塊ジュニアに焦点を当てた展開をする良品計画(ブランド名=無印良品)などは後者のケースとなります。

 

 

 

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて