自己破産のデメリット②

自己破産の流れ

 

①破産手続き開始決定

②免責許可

③破産手続きの成立

 

の流れになります。

 

 

 

 

 

 

 

  住所や旅行の制限が出る

破産手続きが成立するまでは、住所の移転・長期旅行は認められておりません。

 

 

  郵送物が管理される

破産管財人に破産者の郵送物が管理されます。

 

 

 

  「破産者名簿」に記載される

破産者本籍地の市区町村役場が管理をおこなっている「破産者名簿」に記載がされます。これば、戸籍や住民票などとは異なります。

 

 

 

  「管報」というものに記載される

国が発行する機関氏に破産者の名前・住所・破産手続きをした日時・裁判所等が記載されます。

ほとんどが知られことがないですが、デメリットです。

 

 

  不動産を手放す必要がある

当たり前といえば、当たり前ですが。。。土地・マイフォーム・別荘などを手放す必要があります。債権者に分配されます。

 

 

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて