源泉徴収票の見方

収入と税金の関係を理解しよう!

 

総収入ー(税金+社会保険料等)=手取り

  ①支払金額

平成20年度の給与・賞与 のこと。「所得(手取り)」ではなく「額面」「総支給」の金 額になります。

 

 

 

  ②給与所得控除後の金額

サラリーマンには「給与所得控除」と言って必要経費が認められていて、右の表の様に計算されます。この金額が所得税の課税対象になる金額です。

 

 

 

 

 

  ③所得控除額の合計額

所得控除額の 合計額は④⑤⑥から計算された金額の合計額です。

 

 

  ④控除対象配偶者

配偶者控除を受ける場合は有の欄に「○」と記載されます。控除額は38万円となります。所得によっては控除額が変わる場合があります。

 

 

  ⑤扶養親族

扶養親族の種別に応じて「所得控除」の

金額を計算します。

 

 

 

  ⑥社会保険料、生命保険料、地震保険料

社会保険料等の金額

平成20年度中に支払った(給料から天引きされた分を含む)社会保険料などの合計額です。

 

生命保険料控除

平成20年度に支払った生命保険料(一般)と個人年金保険料の金額に基づいて計算された控除額。

 

地震保険料控除

平成20年度に支払った地震保険料の金額に基づいて計算された控除額です。



 

  ⑦源泉徴収税額

源泉徴収税額とは(② - ③) の差額に金額に応じた税率をかけた金額です。 これが20年度にあなたが所得税として、会社が国に納めた金額になります。思ったより多かったかな? 少なかったかな? 税金と言うと、この所得税の他にもお住まいの市町村に住民税も納めているんですよ。そういえば色々とニュースになっている消費税も税金ですよね。

<ワンポイント>

医療費控除や住宅取得控除(初年度のみ)を受ける場合のみ、自分で確定申告を行う必要があります。

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて