消費税 納税義務者 本則・簡易

消 費税とは、商品の販売やサービスの提供などの取り引きに広く課される税金です。

 

お客さまから預かった消費税から仕入先などに支払った消費税を差し引き、 残った金額を納税します。 しかし、消費税法の本来の主旨と異なり、小規模な事業者を優過する特別な取り扱いとして、次の2点があります。

 

 


 

   納税義務者の判定 

 

 

  消費税を納める必要があるかないかの判定は、基準期間 (図1参照) の課税売上が1000万円を超えているかどうかで判定します。

 


 基準期間の課税売上が1000万円超である場合には、消費税を納める必要がありますが、1000万円以下である場合には、消費税を納める義務が免除されます。 

 

 

 

 

 

   本則課税制度と簡易課税制度 

 

 消費税の税額計算方法として、本則課税制度と簡易課税制度の2つの計算方法があります。

 

 

【本則課税制度】 

本則課税制度とは、実際に預かった消費税から、実際に支払った消費税額を差し引くことにより納税額を算出する計算方法です。

 

 

【簡易課税制度】

簡易課税制度とは、預かった消費税から、簡便的に算出した金額を差し引くことにより納税額を算出する計算方法です。

 

 

 簡易課税制度において差し引くことができる金額は、課税売上にかかる消費税額に、業種別に決められたみなし仕入率 (図2参照) を乗じて算出されます。

 

 


 簡易課税制度を利用するには、基準期間の課税売上が5000万円以下であることや、「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出していることなどの要件を満たすことが必要です。

 

 

 

 


 

   消費税は赤字でも払う!?

 消費税は消費者が負担する税金であり、会社はそれを頂かっているだけです。

 

ですから、消費税は会社が赤字でも支払う必要があります。

 

 

 

.り 上げが大きい企業では納付額もかなりの額になり、資金繰りに大きく影響します。

 

ちなみに会社が赤字でも納付する必要があるのは、税金では消費税や固定資産 税、給与・賞与の源泉徴収、地方税の特別徴収、社会保障負担である健康保険・年金、雇用保険などです。くれぐれも忘れずに!

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて