心の枠組みを変える

 

 

心の枠組みを変えるということは、大変なことです。経営者は孤独と戦っています。

 

しかも、成功するより失敗するケースのほうがはるかに多いのです。しかし失敗をしたときこそ飛躍のチャンスであり、夢に向かって感謝の気持ちを忘れず行動しましょう。成功した経営者はみな心が広く、人間として成長している人です。心の成長なくして経営の成功はありません。

 

 

起業して順調にいっている人もいれば、一生懸命努力しているのに報われないとこぼす人もいます。方法や手順を変えたり、ふとしたきっかけで変化が起こる場合もありますが、もっと根本的なこととして、心の枠組みについて考えることが重要ではないでしょうか。

 

 

 

   先祖を大事に

先祖を大事にすることは、本当に大事なことであると思います。なぜかといえば、起業をするということは人生にとっての一大事です。

 

同時に経営者はいろいろな悩みを抱えています。人に相談できない悩みもたくさんあるはずです。その悩みを先祖を供養しながら尋ねてみる(祈りを捧げる)のです。心が穏やかになり、怒っていた気持ちが鎮まり、後ろ向きだった自分が少しずつ変わっていきます。

 

 

輪廻転生ではありませんが、先祖がいまのあなたを応援しているのだと考える方は多いようです。大事なことですね。ちょっと話が宗教的になりました。

 

 

 

   夢の現実に向けてあきらめない

夢と計画の違いは何でしょうか。計画は、失敗に気づいてから修正すればよいのです。

 

日常業務でいえば、計画し、行動し、結果を検討し、対策を講ずることです。よく見かけるタイプに、最初は壮大な夢を持って起業しながら、日常に埋没していくケースがあります。この人はどうしてしまったのでしょうか。

 

 

おそらく「夢の実現」という言葉を忘れてしまったのではないでしょうか。人生は一回かぎりです。自ら立てた夢の実現を諦めないような、心の枠組みが大切です。

 

 

 

   つねに感謝の気持ちを忘れない

心の枠組みを変えるということは、自分中心のものの考え方を捨てて、人のため、世のためという立場からものを考えるようになるということです。

 

 

ビジネスに成功しょうがしまいが、その行為は、一つひとつに意味があることなのです。人脈に感謝、社員に感謝、家族に感謝、そして先祖に感謝。つねに感謝の気持ちを忘れないで行動しましょう。

 

 

 

   たらいの水のたとえ

さらに経営者の心がけとしてよくいわれるのが、たらいの水のたとえです。どうやったら自分の前にある水、たらいの手前の水位が高くなるかです。まずたらいに水を入れて、手前にかき寄せると、たしかに手前の水位は上がりますが、少しでも手を休めると水位は下がってしまいます。

 

 

もうひとつの方法は、たらいの向こう側に水を押し出す方法です。こうすると最初は手前の水位は下がりますが、やがて向こう側から反射してきた水で水位は高くなります。

 

 

三つ目の方法は、たらいに新たな水を注ぐという方法です。こうすると何も手をかけなくても手前も向こうも水位が上がります。自分中心の下策、顧客弟一の中策、自分と顧客の共存共栄の上策。経営者の心がどの策を取るかを決めるのです。

 

 

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて