会社廃業・倒産の仕方

 

 

簡単に起業できる時代になり、会社の数も飛躍的に増えてくると思います。その反面、失敗したときのたたみ方や、たとえ成功したとしても、世代交代の時期にどのような選択肢があるのかを考えるのは、経営者にとって重要なことです。

 

 

会社はつくるよりもたたむほうが難しいものです。いかに関係者に迷惑をかけずにたためるかが、経営者の正念場なのです。

 

 

起業するにあたり、ひとつ頭に置いていただきたいのが会社のたたみ方です。これから起業するぞ、と意気込んでいるときに、そこまでは考えていないと思います。しかし、どんな形であれ始めたからには必ず終わりはついてくるものです。

 

 

 

   倒産

これはもちろんあってはならないことですが、業績悪化や資金繰り悪化により、まったく首が回らなくなって、急きょ夜逃げなどということにはならないようにしてください。

 

取引先、株主(出資者)など、会社にかかわるすべての方々に迷惑がかかり、倒産の連鎖などということにもなりかねません。

 

 

 

   廃業

業績の悪化などにかぎらず、後継者不在など諸々の理由で会社をたたむこともあると思います。廃業・清算にあったては、もうどうせ終わりだからと投げやりにならず、従業員、債権者などに迷惑がかからないように清算しなければなりません。

 

人に迷惑をかけない「たたみ方」は、会社の経営者として絶対に必要なことです。

 

 

 

   事業承継

起業した会社がせっかく軌道に乗っても、世代交代期に後継者不在で会社の存続が難しい状況になったとき、会社をたたむというのも選択肢のひとつです。

 

 

しかし、その他に株式公開やM&A(企業の統合、合併)という選択肢もあります。株式公開は、日本の全法人数の約2%しか達成していない狭き門です。

 

 

M&Aは、今後わが国においては一番選択されやすい選択肢となるでしょう。M&Aによる事業継承により、後継者のいない会社でも企業存続が可能となり、それまでの経営者は退職金をもらってリタイアするということもできるようになります。

 

 

 

   上手な会社のたたみ方

会社をつくるときにはたたむことなど考えないものですが、ある程度の時間が経つと、この先どうしようと考えたくなるときが必ずきます。

 

大事なことは、この問題から決して逃げずに、早めに具体的な手を打っていくこと。会社の全部あるいは一部をいつどうやってたたむか、あるいは継承するかを考えて日々の仕事をすることで、人に迷惑をかけず、同時に新たなチャンスを手にすることができます。

 

 

 

 

会社のたたみ方詳細はこちら

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて