企業の社会貢献

 

現代の企業は、単に社会的責任を果たすだけではなく、社会に対して積極的に貢献していくことが求められています。

 

 

 

 

 

 

 

   フィランソフィーとは

フィランソロフィーは、前項で挙げたコーポレート・シチズンシップに基づく、公益企業活動など民間企業による社会貢献を意味します。

 

 

アメリカでは1910年から1930年にかけて、カーネギー財団、ロックフェラー財団などが設立され、活動が広がりました。1990年代に入って日本でもフィランソロフィー活動が活発化し、経団連が音頭をとって、経常利益の1%を社会貢献のために毎年寄付する「1%クラブ」が設立されました。

 

 

 

   メセナとは

メセナとは、文化芸術支援活動のことです。ローマ帝国の創生期にメセナスという重臣がおり、文化や芸術を保護したことからきた言葉です。

 

 

具体的には、企業名をつけた各種催しや寄付をしたり、基金を設定して財団をつくることをいいます。より大きな概念として、前出のフィランソロフィーがあります。

 

 

 

 

   ブランド・ロイヤリティとは

ブランド・ロイヤルティとは、ブランドに対する忠誠度・信頼度のことです。消費者が同一の商品を反復購買する割合のことを指します。

 

 

ブランド・ロイヤルティを高めるためには、品質、高級感、親しみやすさ、信頼性、技術力などのブランド・イメージを高める必要があり、

その高さの度合いには、

 

①商標固執、

②商標選好、

③商標認知

 

の3段階があります。

 

 

一方、ブランド・ロイヤルティの低下により、他のブランドへの切り替えが起こることをブランド・スイッチングといいます。

 

 

 

   社会的志向のマーケティング

社会志向のマーケティングとは、企業の利益をあげるためのマーケティングではなく、すべての企業活動は社会のためにあると考えるマーケティングのことです。

 

 

従来のマーケティングの志向においては、製品を購入する顧客に焦点が当てられてきましたが、その顧客が製品を使用することによって周囲の人間や環境に迷惑をかけられるような場合には、その製品が直接の購買者や使用者の満足を得られたとしても、社会的な批判を免れることはできなのです。

 

 

さらに、社会志向のマーケティングは、社会責任のマーケティングと社会貢献のマーケティングの2つに分けることができます。

 

■社会責任のマーケティング

企業が社会において果たすべき責任をまっとうするため、マーケティングの諸活動にもその責任を果たす努力を取り込もうという考え方です。ただ単に、売れればいい、利益があがればいいという発想ではなく、社会的な責任をしっかりと果たせる製品をつくるのが企業の義務だと考えて、マーケティングの諸活動を行うことが重要だということです。

 

■社会貢献のマーケティング

企業がその本業にまつわる責任を果たすだけでなく、社会貢献をも企業活動の義務として実践していくことをいいます。たまたま利益があがったから社会貢献に使おうというのではなく、社会貢献をするために利益をあげる努力をしようという考え方です。

 

 

 

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて