アウトソーシングについて

 

経営資源であるヒト、モノ、カネ、情報のすべてが充足されている企業などまず見当たらないでしょう。

 

 

かぎられた経営資源をどこに配分するかを考えたときに、自社の弱みを克服するよりは、強みをより強化したほうが効果的であることは自明の理です。 そこで組織体制の不備を補う方法として、業務の企面、計画から運営、見直しまで、外部に委託するアウトソーシングを行う企業が増えてきました。 

 

 

アウトソーシングを活用する上でまず考えなければならないことは、自社が持っている他社にはない強みや有能性 (コアコンピタンスは何か、ということです。 ここに自社の経営資源を集中し、重点的に投資しなければなりません。逆にそれ以外の業務においては、費用対効果の観点からアウトソーシングの対象になるか否かを検討します。 

 

 

アウトソーシングは、当初はコスト削減を目的とした外注化が主流でしたが、徐々に業務の質的向上や戦略の実行レベルにまで高度化されつつあります。

 

 

 

   アウトソーシングに適した業務

アウトソーシングに適した業務には一般に次のようなものがあります。

 

①専門知識や資格が不可欠な業務

 

②人材育成に時間と費用がかかる業務

 

③時代や経営環境の変化、法律改正などによる変更が激しい業務

 

④時期によって繁閑の格差が大きい業務

 

⑤反復定型業務

 

24時間対応の業務

 

⑦秘密漏洩を心配する業務

 

 

 

 

   アウトソーシングのデメリット

一方、アウトソーシングの欠点としては次のようなものが挙げられます。

 

①人にノウハウがつくために、社内にノウハウが蓄積しづらい

 

②業務の移管コストが必要

 

③社員とのコミュニケーション不足からくる情報交流不足

 

④社員の落ちこぼれ化

 

 

 

 

   アウトソーシングとネットワーク

アウトソーシングを成功させるためには、アウトソーシングする先の人や会社が、こちらの会社の仕事を大切に思ってくれていなければなりません。単にお金を稼ぐための仕事と割り切っているのか、自分の会社の成功とこちらの会社の成功を同じ意味に捉えているのかで、結果は大きく違ってきます。 アウトソーシングをするときも受けるときも、相手が普段から付き合っているネットワークの一員であることがもっとも望ましいといえます。

 

 

最近は、異なる会社の人や立場の違う人が、ひとつの職場でともに仕事をすることが増えています。 経営者は社内のみならず、アウトソーシング先を含め、より広い範囲の人に対してリーダーシップを発揮する必要があるのです。

 

 

その場合、タテ型の指揮命令系統だけのリーダーシップでは、人はついてきません。 アウトソーシングの広がりとともに、リーダーシップのスタイルも変わらざるを得ないのです。

 

 

 

        ★経営者が知るべき知識 関連記事一覧★         

電子申告 e-taxについての知識

必見!あまり知らない源泉徴収集票の見方

所得税の種類について(税額の計算・源泉所得税)

法人税について(申告調整・申告期限・計算事例)

税務署について(税務調査・納付制度)

住民税/事業税/印紙税/固定資産税/減価償却資産税

消費税(納税義務者/本則と簡易の計算方法)

危機管理(資金繰り・財務・人事・保険)

リスクヘッジ(事業運営・保険金額)

企業の経営について

原価管理(収支・費用・改善活動)

在庫管理(経営方法と評価について)

利益の把握をしよう。(利益とお金の違い)

手形・小切手に関して

経理の合理化について

会計ソフトについて

簿記の必要性について

経理の流れ「管理会計」

経営者として考えること

経営者としての心の枠組みに関して

経営者としてオンリーワンを目指す!

会社廃業・倒産の仕方

人脈の開拓方法について

給与に関して(控除/社会保険/労務)

経営者の考えることとは

自社の弱点を解決しよう

自社のスタイルを考えよう

グローバル社会

ネットワークビジネス

FC フランチャイズビジネスについて

マーケティングについて考えよう

企業の社会的責任とは

企業の社会貢献について

企業の事業形態について

SWOT分析とドメインについて

経営者が考えるアウトソーシングについて

外部ブレーンについて