雨をつかった銀行対応言葉


借入について銀行の対応をよく表した言葉にも雨を使った言葉があります。


「銀行は晴れたときには傘をさしてくるくせに雨が降ったときには傘をささない」という言葉です。

 

 

 

 

 


これは、銀行は調子のいい企業(利益がしっかりでており、資金繰りもいい企業)には

 

「新しく設備投資しませんか?」とか

 

「小額でもいいので借りてくれませんか?」

 

と足しげく企業に通うのですが、ひとたびその企業の調子が悪くなる(売上低下、赤字転落)となると、急に態度を変え、金利を上げてきたり、貸し渋ったりしてくるということです。

 

 

 

・実際、このように銀行の態度の変化に経営を左右されてしまう企業は非常に多いです。
では、そのようにならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

それは、事前に企業が対策をとることです!
そして、その対策とは企業の資金繰りを安定させることに他なりません。

 

 


調子がいい企業様も少し業績が低下気味の企業様も「雨が降り銀行が傘を取り上げに来る前に対策できること」は実はたくさんあるのです。