金融商品取引業についてのコンプライアンス



金融商品取引業

一番メインの「研修」実施については監督指針にて定めております。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針 Ⅲ.監督上の評価項目と諸手続(共通編)Ⅲ-2 業務の適切性(共通編)Ⅲ-2-1 法令等遵守態勢(1)法令等遵守(コンプライアンス)態勢の整備② 実践計画や行動規範は、定期的又は必要に応じ随時に、評価及びフォローアップが行われているか。また、内容の見直しが行われているか。④ コンプライアンスに関する研修・教育体制が確立・充実され、役職員のコンプライアンス意識の醸成・向上に努めているか。また、研修の評価及びフォローアップが適宜行われ、内容の見直しを行うなど、実効性の確保に努めているか。 Ⅲ-2-3-2 営業員管理態勢(1)主な着眼点② 役職員の法令遵守意識の徹底イ.役職員の法令等遵守意識の徹底について、研修の目的及び対象者等を考慮した事例研修及び外部研修等を実施し、役職員の法令等遵守意識の向上を図っているか。ロ.内部管理部門においては、各種研修の内容及び実施状況を把握・検証し、内容等を見直しする等、その実効性を高める措置を講じているか。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 同じように顧客情報管理、内部監査、苦情等処理、マネロン、反社会的勢力対応、利益相反、インサイダー、優越的地位の濫用、注文管理など細かい項目まで研修・教育体制が確立、充実されており、内容の見直しも含め記載されています。 そして、「定期的な」という根拠は、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~金融商品取引業者等検査マニュアルⅡ-1-1 態勢編・共通項目3.内部管理態勢(3)内部管理部門の役割等⑤ 定期的な研修等、営業員の社内教育は十分行われているか。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~として定められております(もちろん管理実施記録や実態把握など他の側面においても記載はあります。) ほか、システム、デリバティブ等リスク管理、事務部門含め社内的な業務および部門においても研修実施状況について確認されるよう、定めております。 また、実際の検査時の指摘事項として、「自己売買担当者に対し、不公正取引の防止を含めた自己売買に係るコンプライアンス研修等を全く実施していなかった。」など研修実施および実施記録管理についても言及されます。