大型連休についてのコラム

皆様、仕事モードにスイッチできていらっしゃいますでしょうか?

この時期の従業員さんは、大きく二極化されると言われております。

 

 

 

①大型連休を有効に使い、仕事へのモチベーションを高め、仕事が始まると同時スタートダッシュを切れる方。

 

 

②大型連休にどっぷりつかり、そのまま、営業が始まり、惰性で仕事に取り組まれる方。

 

 

 

 


休みの日は読んで字の通り、ゆっくり休養するのが良いと思いますが、
休みが明けてすぐにスタートダッシュを切れる従業員さんが多い会社はすばらしいですね。

 

 


休みの話しに付随して、松下幸之助さんの会社では、昭和40年に、他社に先駆け、週休二日制を導入したそうです。
二日間の休みを無為に過ごすのではなく、「一日休養」、「一日教養」というように、休日の有効活用を提唱されていたそうです。
日々、業種問わず様々な経営者の方々とお会いしますが、社員教育に頭を抱えている方は多く、
自発的に自分を高めようと考える従業員さんは、少ないようです。