労働法の改正について

世界情勢はめまぐるしく変わっていますが、それと同じようなことが中小企業の経営者のみなさんの周りでも起きているのです。

 

 



例えば、労働法。(2011年)
この3年間だけでも

 

 

・高齢者雇用安定法【改正】

・労働安全衛生法【改正】

・労働者災害補償保険法【改正】

・雇用機会均等法【改正】

・雇用保険法【改正】

・雇用対策法【改正】

・パートタイム労働法【改正】

・労働契約法【新法】

・最低賃金法【改正】

 


というようにどんどん法律は改正されています。
以前は、会社のルールブックである就業規則についても5年くらい見直して
いないという企業はよくありました。

 


しかし、このようにめまぐるしく法律が変わる現在では、2年就業規則を見直していないと「古い」「法律にあっていない」といわれるようになってきました。

 

 

 

 


このように経営者の皆様には世の中で変化が起きたとき、「対応する力」というのが重要になってきています。