助成金の種類

企業で新たな事業に取り組み、多額の設備投資もして、4月1日より新規事業を開始されました。

 


この不況下であっても、前向きに新たな事業に取り組まれる方とお会いするとなんだかうれしくなりますね。

 


その方がこれから、人材の採用も行っていくということだったので、人材採用に関する助成金をお伝えしたら、大変お喜びいただけました。

 


日本経済を支えているのは中小企業の方々であって、国や各省庁は前向きに事業展開されている企業様を応援しております。

 

 

 

 

ただ、この方もそうですが、助成金をいくつかご存知ではあったのですが、かなりの受給漏れがあり、中には、申請期間を過ぎて受給できなくなっているものもありました。

 

 


助成金は厚生労働省管轄のものだけでも、70種類程ございます。

 

 

人材採用以外場合も、例えばパートの方を正社員に転換した場合でも助成金を受給することができます。(もちろん70種類もあるので、他のことをされた場合も、助成金受給の条件さえ満たせば、受給できます。)

 

 

 

国は企業様の経営の応援はしてくれてはいるものの、その情報は現場までは降りてきていないというのを改めて実感いたしました。

 

 

 

また、4月になり、助成金も大きく見直されました。正式発表は6月になりますが、私どものもとには情報が入ってきましたので、このたびのセミナーでは助成金の見直し箇所も併せてお伝えさせていただこうと思います。