不況を生き抜く経営

「不況時代を生き抜く経営とは・・・」 
最近お伺いした企業様からよくこのような質問をいただきます。
弊社のセミナーではそのための手法として3つの方法をご紹介させていただいております。 

 

 

 

 

 

①外から取ってくる  (国の仕組みをうまく利用する) 

②中身(財務状況)を見直す 

③外に出さない(いざというときの資金流出を防ぐ) 

 

 

 


「②中身(財務状況)を見直す」について ご紹介します。 

経営者の方と財務に関してお話させていただきますと、
経営者様が必ずご存知の数字があります。
「売上」と「利益」についてです。
しかし、経営者様の以下のような質問をすると途端に答えにつまってしまいます。

 

 

 

「弊社の自己資本比率は?」
「借入の残債は?」
「資産にある土地は現在どのくらいの価値がありますか?」

 

 


これらの項目、実は決算書の貸借対照表を見ながら話している項目です。
ちなみに、「売上」「利益」に関する項目は決算書の損益計算書に関する項目です。

 

 

 

 

 


皆さんはこれらの質問に答えることができるでしょうか?
実は、この数字を把握しているかどうかが銀行と話していくなかで大きなポイントになってきています。