法人成りのメリット・デメリット3

 法人成りのデメリットとは?

 

 

 

などなど、様々なメリットが考えられます。もちろん全てあてはまるメリットかどうかはその企業の状況に応じて変わってきますが、事業をより積極的に進めていく場合は、個人事業主としての事業を続けるよりメリットはありそうです。一方、デメリットは何でしょうか?

 

1.赤字でも税金が発生

2.社会保険の加入義務

3.複式簿記による経理処理が必須

4.事務処理の負担増

5.税務調査のリスク拡大

1.赤字でも税金が発生

法人の場合は、赤字であっても法人の市民税・府県民税が約7万円がかかります。

 

2.社会保険の加入義務

法人化すれば代表者一人でも社会保険に強制加入となり会社の社会保険料の負担が増えます。(労災保険・雇用保険などは除く)

 

3.複式簿記による経理処理が必須

個人事業の場合は、青色申告の特別控除65万円を受ける場合のみ複式簿記による正確な記帳が求められるが、法人の場合は必須の処理となります。

 

4.事務処理の負担増

法人の場合は社会保険や労働保険が強制加入となり手続きの事務負担が増えます。

 

5.税務調査のリスク拡大

個人事業に比べて税務調査が入る機会は増えます。

 

 

上記に記載したメリット・デメリット以外にもまだまだありますが、

法人、個人のどちらが自分に合っているかをしっかり検討して見ることが一番大切です。