経営者になる前に知るべきことがたくさんやるべきことがあります。あとからでもいいので是非見てください。

 


経営者
経営者2

経営者にとって学ぶべきことは沢山あります。何が正解で何が間違っているかわ分かりませんが、資金繰りや税金の話を主に記載しています。気軽に見てください。


経営学(けいえいがく、business administration, business management)とは、広義には組織体の運営について研究する学問分野である。対象は企業組織とする場合が多いが、企業組織に限定せずあらゆる組織体(自治体・NPOなど)が経営学の対象となりうる。
狭義には、組織体の効率的・効果的な運営のための長期的視野に立った理論の構築を目的とする学問と捉えられ、その際は会計学やマーケティングなどの分野は除外される。

さまざまな経営学の定義


社会システムの中での企業の運営 
経営学とは「社会システムを中心とする環境のなかで企業がいかに運営されているか」を解明する学問である。その対象は、今日において企業はわれわれにとってきわめて重要な存在であり、また、こうした企業についての経営学は基本的なものとして、その他の諸組織に容易に応用出来るので、経営学の対象は企業に限定される。広くは、企業だけでなく、官庁組織、学校その他一般に組織といわれるものすべてを含むと考えられる。洞口治夫・行本勢基『入門・経営学』(新公認会計士試験・中小企業診断士試験対応)同友館、2008年.河合忠彦ほか『経営学』、有斐閣、1989年9月


企業を対象とする領域学 
経営学とは、「企業」という特定の領域を対象とする領域学のことである。「領域学」とは、経済学・社会学・心理学などのように、特定の限られた変数群と一定の理論的枠組みとを用いて、対象世界に接近する「ディシプリン」の学問ではなく、教育学や宗教学と同じように、変数群や理論的枠組みを特定化するのではなく、むしろ対象世界を特定化して、それに対して多面的に接近する学問であることをいう。その領域学としての経営学の対象は、企業である。企業は形式的には生産の担い手であるといわれるが、生産という言葉のなかには、財・サービスをつくるという意味はもとより、新しい知識を生み出す(イノベーション:革新)という意味もまた含まれる。