雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)

 雇用調整助成金とは

 

  経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、

 労働者の雇用を維持するために、休業等を実施し休業手当を支払った場合、

 その額の一部を助成する制度です。

 

 

 具体的には、「直近3か月の生産量、売上高等がその直前の3か月又は前年同期と比べ

 5%以上減少している雇用保険適用事業所の事業主」が対象となります。 

 中小企業については、中小企業緊急雇用安定助成金として、直近の決算等が赤字の場合、

 生産量等の減少が5%未満であっても対象となります。

 

 

 支給額

 

  事業主が休業に係る手当等を労働者に支払った場合、それに相当する額に対し、

 以下の助成率で支給しています。

 

  なお、事業主が解雇等を行っていないなど、一定の要件を満たした場合は、

 カッコ内にある助成率となります。

 

  ○大企業   : 2/3 ( 3/4 )

 

  ○中小企業 : 4/5 ( 9/10 )

 

 

 ※ 上限額は、大企業、中小企業ともに1人1日当たり7,505円です。

  中小企業向けの雇用調整助成金は中小企業緊急雇用安定助成金といいます。