職場支援パートナー配置助成金

 ポイント

 

   重度知的障害者又は精神障害者の方を、ハローワーク等の紹介により、

  継続して雇用する労働者として雇い入れ、職場支援従事者(職場支援パートナー)の配置を

  行う事業主に対して、助成金が支給されます。

 


 概要

 

   ハローワーク若しくは地方運輸局又は有料・無料職業紹介事業者若しくは

  無料船員職業紹介事業者の紹介により、一般被保険者として対象労働者(1)を

  雇い入れた日から3か月以内に、職場支援従事者(以下「職場支援パートナー」という。)

  (2)の配置を行う事業主に対して、助成金(最大36か月間)が支給されます。

 

 

  なお、1人の職場支援パートナーにつき、対象労働者3人まで支援可能となります。

 

  ※1・・・雇入れ日現在の満年齢が65歳未満の重度知的障害者又は精神障害者

  ※2・・・対象労働者が行う業務に関する実務経験が1年以上あり、かつ、

  

  次の(1)から(7)のいずれかの要件を満たし、対象労働者の業務の遂行に関する必要な

  援助及び指導の業務について相当程度の経験及び能力を有すると

  公共職業安定所長が認める者をいいます。

 

 

  (1) 特例子会社又は重度障害者多数雇用事業所

  (障害者雇用促進法施行規則第22条第1項各号のいずれかに該当する事業所)

  での障害者の指導に関する経験が1年以上ある者

 

 

  (2) 重度知的障害者及び精神障害者を雇い入れた事業所において障害者の指導に関する

  経験が2年以上ある者

 

 

  (3) 障害者福祉施設、障害者就業・生活支援センターなどの就労支援機関、

  精神科・診療内科等を標榜する医療機関などでの障害者の相談等に係る

  実務経験が1年以上ある者

 

 

  (4) 障害者職業生活相談員の資格を有する者

 

 

  (5) 職場適応援助者養成研修修了者である者

 

 

  (6) 産業カウンセラーの資格を有する者

 

 

  (7) 精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士、臨床心理士、臨床発達心理士、

  看護師又は保健師の資格を有する者