精神障害者ステップアップ雇用奨励金

 概要

 

 直ちに週20時間以上勤務することが難しい精神障害者の求職者について、

 3~12ヶ月の期間をかけながら20時間以上の就業を目指すとともに、

 精神障害者及び事業主の相互理解を促進し、雇用機会の確保を目的として

 精神障害者ステップアップ雇用奨励金を支給します。

 

 

 また、精神障害者がグループでお互いに支え合いながら働くことは

 職場適応に効果的であることから、これを奨励するためグループ雇用奨励加算金を支給します。

 

 

 

 ポイント

 

 週20時間以上の就業を目指す精神障害者を3ヶ月から12ヶ月の間試行的に雇用

 (ステップアップ雇用)した場合に奨励金(月額25,000円)が支給されます。 

 また、同時に複数の精神障害者をステップアップ雇用し、支援担当者を選任した場合は、

 グループ雇用奨励加算金(月額25,000円)が支給されます。

 

 

 1.支給対象事業主の主な要件(一部抜粋)

  ○安定所の紹介により、精神障害者をステップアップ雇用として雇い入れた事業主であること。

 

  ○ステップアップ雇用を開始した日の前日から起算して6ヶ月前の日から

  ステップアップ雇用を終了した日までの間 (以下「基準期間」といいます。)に、

  雇用保険被保険者を解雇等したことがない事業主であること。

 

  ○基準期間に、当該ステップアップ雇用に係る事業所において、

  特定受給資格者となる離職理由により離職した 者として受給資格決定処理が行われた者の

  数を、当該事業所における当該雇入れ日における被保険者数で

  除した割合が6%を超えている事業主以外の事業主であること。

 

 

 受給申請時期

 

 ○精神障害者ステップアップ雇用奨励金 奨励金に係る支給申請時期は、

 ステップアップ雇用を開始してから6か月経過後及びステップアップ雇用期間終了後が

 原則になります。

 

 ○グループ雇用奨励加算金 グループ加算金に係る支給申請時期は、

 グループ雇用を開始してから6か月経過後及び12か月経過後が原則になります。

 

 

 

 スポンサードサーチ