社内理解促進奨励金  詳細

 自給手続き

 

  ○ 社内理解促進奨励金の支給を受けるには、

   次の2つの取組のいずれか一方を行う前日までに、奨励金の利用届の提出が必要です。

 

    ① 精神障害者の雇入れ又は休職者の職場復帰  

 

    ② 労働者に対する講習の実施

 

 

  ○ 支給申請については、講習が終了した日又は精神障害者の雇入れから

  6か月を経過した日のいずれか遅い方の日の翌日から1か月以内に必要な書類を添えて

  支給申請書を労働局に提出する必要があります。

 

  ※講習が終了しても、精神障害者の雇入れ後6か月間を経過した日までは、

  支給申請できませんので、  ご注意ください。

 

 

 利用にあたっての注意点

 

 

   ○ 精神障害者が過去3年間に働いたことのある事業所に雇い入れられる

   場合は支給対象となりません。

 

   ○ 精神障害者の雇入れ日の前日から起算して6か月前の日から

   1年間を経過する日までの間に被保険    者を事業主都合により解雇している場合、

   又は同期間において雇入れ日における被保険者数の6%を超える被保険者を

   特定受給資格者となる離職理由により離職させている場合

  (離職させた被保険  者数が3人以下の場合を除く)、助成金は支給されません。

 

   ○ 支給申請に当たっては、講習に要した費用の領収書や費用の内訳が

   確認できる書類が必要です。

 

 

 お問い合わせ先

 

  労働局またはハローワーク