短時間正社員制度(短時間正社員制度導入促進等助成金)

 概要

パートタイム労働者と通常の労働者との均衡待遇推進のための助成金の1つです。

新たに短時間正社員制度を導入し、

5年間のうちに本人の自発的な申し出により3ヶ月以上連続してこの制度を利用した場合に、

対象労働者10人目まで助成金が支給されます。

 

 助成額

1.対象者1人目・・・一事業主につき30万円(中小規模事業主は40万 円) 

※中小規模事業主とは、

常時雇用する労働者が300人を超えない事業主をいいます。

 

第1回目 15万円 制度の対象者が生じた場合に支給  

第2回目 15万円(中小規模事業主は25万円)

 

 

第1回目の支給要件を満たしてから6ヵ月経過後、        

対象者が 継続して雇用されている場合に支給 2回に分けて支給されます。)

 

 

2.対象者2人目~10人目・・・対象者1人につき15万円(中小規模事 業主は20万円)

 

 支給手続き

①短時間正社員制度導入促進等助成金支給申請書を②に定める期間内に事業所の所在地を担当す     る(財)21世紀職業財団地方事務所長に提出してください。

 

 

 

② 1.対象者1人目

  第1回目:対象者が生じた日(連続した3ヵ月以上の制度利用後)から3ヵ月以内。 

  第2回目:対象者が生じた日(連続した3ヵ月以上の制度利用後)の6ヵ月経過後から3ヵ月以内。

 

 2.対象者2人目から10人目   

  対象者が生じた日(連続した3ヵ月以上の制度利用後)の翌日から

   1ヵ月雇用された後から3ヵ月以内。

 

 

 利用にあたっての注意点

新たに制度を導入することが必要です。対象者1人目の2回目を受給してからでないと、2人目以降の助成金は受給できません。