相続人の選定


   相続人になれる人・できない人

親類だから誰しも相続人になれる、という訳ではありません。

 

 

相続人には順位があり、後ろの順位の者は先の順位の者がいる場合には、相続人となることが出来ません。

 

 

 

ただし、被相続人の配偶者は常に相続人となります。

配偶者以外に相続人なるべき人者がいないときは、配偶者(内縁の夫や妻は含まれません)だけが相続人となります。

 

  相続人になれる人

  • 配偶者は常に相続人になれます。
  • 相続開始時における胎児は、相続についてはすでに生まれたものとみなしますので相続人となります。

 

          ※胎児が亡くなって生まれたときは相続人になれない。

 

  相続順位と相続人

 

 

 

【第1順位】

子・子の代襲相続人である直径卑属

 

 

 

 

【第2順位】

第1順位の者がいないとき、相続人になれます。

直系尊属(親等の近い者が相続人となる)

 

 

 

 

【第3順位】

第1順位と第2順位がいないとき、相続人になります。

兄弟姉妹・兄弟姉妹の代襲相続人(兄弟姉妹の子である甥姪まで)

 

  子の定義と相続権

 

 

【摘出子】

実子・・・法律上の婚姻関係にある父母から生まれた子を摘出子という。

養子・・・養子縁組によって養子となった者は、養子縁組の日から、養親の摘出子としての       身分を取得するので、実子と同様の相続権がある。

  1. 特別養子・・・特別養子は、実方との親族関係が終了します。
  2. 2.普通養子・・・普通養子は、養子縁組しても実親との親族関係が継続となります。             したがって、養親と実親の双方の第1順位の相続人となります。

 

 

 

【非摘出子】

法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子を非摘出子と言います。

  1. 法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子を非摘出子と言います。
  2. 父子関係・・・父と非摘出子の関係は、父が認知することによって父子関係がを生じる。