相続予定者が亡くなった時


  相続予定者が亡くなった場合、相続人はどうなるか?

仮に父親が亡くなったとき、

 

 

本来相続人になるはずの長男が相続が開始時点で、すでに死亡していたとします。

 


長男には2人の子どもがいたとします。

本来なら長男が相続するので、財産はいずれ長男の2人の子ども達に引き継がれるはずです。

 

 

 

しかし、もし父親(被相続人)より先に死亡しているという理由で長男の子ども達(被相続人の孫たち)に相続できないとしたら、いかにも不条理と言うことになります。

 

 

 

 

そこで民法では本来相続人であったはずの者が相続の開始以前に死亡している場合や、相続欠格、廃除によって相続権を失った場合には、被相続人の孫が代襲して相続人になると定められています。これを代襲相続、代襲相続する者を代襲者や代襲相続人、代襲される者を被代襲者といいます。