相続とは何か?


  相続っていったいなんなのか?

 

 

誰でも必ず経験する「相続」。
「相続」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

「相続」というと、亡くなった人が生前に持っていたさまざまな財産を、家族や親類等の遺族が受け継ぐこと、と考えてしまいます。

 

 

 

 

 

しかし実際は財産の相続だけではなく、借入金などのマイナスの財産やその人が行った契約や保証行為も受け継いでしむのです。

受け継ぐ人も法律で決まってます。

 

 

 

 


故人を「被相続人」、個人の財産を相続する人を「相続人」と呼びます。

相続は、まず人が死亡した時点から始まると定められています。
例えば父親が死亡したとして、その子は父親の死亡によって財産を受け継ぐ権利が発生しただけで、また確定ではありません。

 

 

 

 

 

しかし実際に財産を受け継ぐには、多数の手続きや届出が必要になります。
しかも、それはたいてい期限が存在します。

 

 

 

 

このページではいざ相続が発生して、慌てることのないよう、財産を受け継ぐ人にとって知っておきたい内容、そして「相続税」について紹介していきます。