相続がかかる財産の範囲


本来の相続財産、相続財産に加算される分、みなし相続財産に分かれます。

 

下記図を確認してください。

                 ※配偶者への特定贈与財産(相続税法21条の6)を除く

   みなし相続財産とは何か?

みなし相続財産とは、亡くなった時点では、被相続人が財産としては持っていなかったが、被相続人の死亡を原因として、相続人が受け取ることになった財産のことです(相法3)。