65歳の者は、雇用保険の被保険者になりますか?

Q; 当社には、今月65歳になる従業員がいます。この者は、現在雇用保険に加入しており、65歳以後も引き続き雇用する予定です。雇用保険は、65歳になったら加入できなくなると聞いたことがありますが、継続して雇用する場合も被保険者にならないのでしょうか。また、雇用保険料はいつまで支払わないといけないのでしょうか。

 

 

 

 

A; 雇用保険の被保険者の方が、同一の事業主の適用事業所に65歳に達した日の前日(誕生日の前々日)から引き続いて65歳に達した日(誕生日の前日)以後の日おいて雇用される場合は、引き続き雇用保険の被保険者となり、

 

雇用保険の被保険者の区分が「一般被保険者」から「高年齢継続被保険者」へ変更になります。なお、65歳以降「高年齢継続被保険者」で離職した場合は、失業保険の給付等の内容も通常の離職の場合と異なります。

 

 


また、雇用保険料については、4月1日時点で64歳以上の方は保険料の支払いはありません。

 


なお、年度更新をおこなう際に、64歳以上の方の賃金を引いて雇用保険料分を計算しますので事業主負担もありません。