管理監督者について

Q; 一般的にどのような権限を持った方を管理監督者とみなしてもらえるのでしょうか?

 

 

 

A; 管理監督者とは、その名称にとらわれず、経営と一体的な立場にあるかどうかを実態を以って判断されます。具体的には、

 

 

 ①経営方針の決定に参画しまたは労務管理上の指揮権限を有しているか

 

 

 ②出退勤について厳格な規制を受けず自己の勤務時間について自由裁量を有する地位にあるか否か

 

 

 ③職務の重要性に見合う十分な役付手当等が支給されているか否か(例えば、労働者であった場合の時間外労働の割増賃金以上)

 

 

 ④賞与について一般労働者に比べて優遇措置が講じられているか否か等が判断のポイントになります。

 

 

 

 上記の管理職に当てはまる場合は、時間外労働割増賃金・休日労働割増賃金の支払いは不要です。