履歴書の取り扱いについて

Q; 募集の際に履歴書を送付してもらっていますが、なにか気をつけることはありますか?

 

 

 

A; 履歴書は個人情報を記載している書類ですので、個人情報保護法の範疇に入ります。しかしこの法律では、本人が求めた場合は個人情報を利用停止(消去)すれば良いとしているだけなので、返却せずに破棄した場合は法律に触れることはありません。実際にはトラブル防止の意味からも、募集時に「書類は返却しません」と明確にうたう企業もあります。

 

 


 ただし、履歴書を採用選考以外の目的(商品案内のダイレクトメール送付など)に使用した場合は、当然違法になります。企業側が不採用者のデータ分析をする場合もありますが、基本的に一定期間保管し、シュレッダーや溶解処分してしまうところが多いようです。

 

 

 

 補足ですが、使用者には、従業員の労働者名簿、賃金台帳、雇入れ、解雇、災害補償、賃金その他の労働関係に関する重要な書類について、「3年間」保管する義務がありますので気を付けてください。(労働基準法109条)。