健康診断を拒む従業員について

Q;弊社では年1回の定期健康診断を実施しています。検査を受けようとしない従業員がいるのですが・・・?

 

 

 

A;まずは、従業員の理解を求めましょう。その上でどうしても拒むというならば、懲戒処分も辞さないという姿勢で対応することも大切です。

 


 当該従業員がどのような理由で受診を拒んでいるかにもよりますが、特に正当な理由もなく健康診断を拒む場合に多く見られる理由として、従業員の健康診断に対する認識の誤りがあります。

 

 

 

 労働安全衛生法には、年一度の健康診断やその他労働者の健康や職場の安全の保持、災害の防止等に関する措置を取ることを事業主に義務付けていると同時に、労働者に対しても、事業主が行う措置に協力しなければならないと定められています。

 

 

 

つまり労働者は、会社の行なう健康診断が法的義務に基づいて行なわれているものであり、健康診断を受診することが自分自身の義務であることを知らずに、受診を拒否してしまうわけです。 会社が行なう健康診断や付随の検診等を受けないことは、会社だけでなく従業員本人にとっても法令違反となってしまうということを理解していただくことが、問題解決の第一歩になると考えられます。

 

 

 

 また、健康診断等の受診は会社からの指示ですので、これに応じない場合は懲戒処分もあながち不可能ではありません。懲戒処分は就業規則に則して行なう必要がありますが、一般的な就業規則ならば、いわゆる業務命令違反に該当させることが出来ると考えられます。

 

 

 

 労働者の義務についての理解を求めた上でなおも拒否するようであれば、懲戒処分の可能性があることにも言及されてみるのはいかがでしょうか。