休日の出張先への移動時間は労働時間になりますか?

Q; 当社では、たびたび出張があります。先日、遠方の取引先に月曜の朝一番に訪問しなければならず日曜日に公共機関を使って目的地に移動した従業員から、休日に移動をしたのでその時間分の賃金を支払ってほしいと申し出がありました。当社では、出張について実費を支給していますが、休日勤務の賃金を支払わないといけないのでしょうか。

 

 

 

A;まず、出張にともなう移動時間ですが、原則労働時間とみなされません。公共機関での移動は、目的地到着まで拘束されていますが、その間飲食や睡眠など自由にとることができ、使用者から直接指揮命令を受けていないためです。

 

 

次に、仕事先に行くために休日に移動した場合ですが、「出張中の休日はその日に旅行する場合であっても、旅行中における物品の監視等別段の指示がある場合の外は休日労働として取り扱わなくても差し支えない。」 

 

(昭23.3.17 基発第61号、昭33.2.13 基発第90号)と通達があります。

 

 

 

御社で物品の監視、運搬等の特別な指示を出されていないのであれば、

休日労働とみなされず賃金の支払いも発生しません。

 

 

 

余談ですが、出張中の労働時間については、通常の勤務と異なり、

労働の実態が把握しがたいため原則、所定労働時間労働したものと

みなしますが、就業規則等への記載が必要となりますのでご注意ください。