中小企業基盤人材確保助成金

 ポイント

 

  都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、

  新分野進出等(創業・異業種進出)に伴い新たに経営基盤の強化に資する労働者

  (新分野進出等基盤人材)を雇入れた場合、又は生産性を向上させるための

  基盤となる人材(生産性向上基盤人材)を新たに雇い入れ又は大企業等から受け入れた場合、

  これらの基盤人材の賃金相当額として一定額が助成されます。 

 

 

  新分野進出等基盤人材は年収350万円以上の賃金で雇い入れられる者、

  生産性向上基盤人材は年収450万円(60歳以上の場合は400万円)以上で雇い入れられる者、

  又は他の企業等から年収450万円(60歳以上の場合は400万円)以上の賃金等で受け入れら

  れる者である必要があります。

 

 

  ※臨時給与、特別給与等臨時に支払われた賃金及び3ヶ月を超えるごとに支払われる賃金を除きます。

 

 

 支給額

 

  ◇新分野進出等基盤人材の雇入れ・・・・・・・・140万円/人 (70万円×2回。最大5人まで)

 

  ◇生産性向上基盤人材の雇入れ・受入れ・・・・・170万円/人 (85万円×2回。最大5人まで)