M&Aが実際に行われる実務編

  具体的なM&Aの種類

 

まず、M&A(合併)ですが2つのパターンが存在します。

 

 

新規合併吸収合併の2つのパターンです。

 

 

・新規合併とは

 

A社とB社が合併して、新たなC社をつくるケース

 

 

 

・吸収合併とは

 

B社がA社に吸収され、規模を拡大したA社になる。

 

 

よく、M&Aニュースの際にどれぐらいの株式を保有した。

という話をよく聞きますね。昔、楽天とライブドアの戦いもそうでした。

 

次のページから説明していきます。