M&A 範囲の経済 メリット

  M&A 範囲の経済でのメリットを考えてみよう

 

範囲の経済とは?

 

1つの企業が複数の事業を同時に行わないほうが、別々の企業が行うよりも全体として費用が安く済むというのもです。

 

 

 

前ページとは逆になりますね。これはどういうことか?といいますと、M&Aで例えると、「優秀な人材」つまり研究や開発人員をそのままこちらの会社に引き込むということです。

 

 

よく、M&Aは「時間を買う」とも言われている由縁です。

優秀な人材を費用をかけて採用や育てることなく、そのまま働かすことができるわけですから、企業の経営にとっては魅力的に映ります。

 

 

 

  事業開拓のためのM&Aも行われる

 

いわゆる「シナジー効果」というものです。

これは、参入が難しい事業にたいして、M&Aをおこなうことで、そのマーケットを戦略的に攻めていく手法です。

 

 

 

昔、携帯電話会社、ボーダフォンなどが社名から消えたのもその理由ですね。

 

 

 

次のページでまとめながら、どのようなM&Aがあるか解説します。