株式を使ったM&A

   株式を使ったM&Aの種類

 

株式を使ったM&Aの種類は大きく分けて3種類あります。

 

 

①株式交換

ある企業Aが、他の企業Bを参加に収めたいときに行われます。

 

企業Aが発行した株式を企業Bの株主に渡し、代わりに企業Bの株式を譲りうけることで、企業Bを完全に子会社化します。

 

 

 

 

 

②株式移転

企業Aと企業Bが新たに持ち株会社Cをつくる、企業Aと企業Bの株主たちがそれぞれ株式を、新しく作った持ち株会社Cの株式と交換することで、持ち株会社Cを企業A、Bの全株式を所有する会社とするものです。

 

 

持ち株会社とは?

ほかの会社の株式を所有し、支配・管理下に置くことを目的とする会社です。

 

 

 

 

 

株式の取得

大量の株式を取得することによって、会社の経営に対して強い権限を持つことをいいます。