脱毛症の種類-抜け毛・薄毛の基礎知識で予防対策を学ぶ

抜け毛・薄毛対策原因  
ボタン

‣【TOP】髪の毛の構造-抜け毛・薄毛の基礎知識で予防対策を学ぶ

 

抜け毛薄毛の基礎知識をご紹介

  「脱毛症の種類」髪の毛をしることで、抜け毛の構造を知ろう!!

 

【男性型脱毛症(AGA)】

髪の毛が細くなり、前頭部の生え際が後退したり、頭頂部などが薄くなります。何らかの原因で男性ホルモンが毛母細胞の活動を妨げ、タンパク質の合成を阻害することで脱毛をおこすといわれています。またヘアサイクルが乱れることで、成長期の期間が短くなり、細く弱々しい状態の髪の毛が生えてきます。その結果、頭部が薄くなります。

 


【円形脱毛症】

短期間のあいだに、円形や楕円形に脱毛します。男女の性別関係なく脱毛がおこります。原因としては、ストレスや精神的ショックが関係すると言われていますが、毛髪や毛根を異物と判断してしまう自己免疫説や、肩こりや首の強いこりによる末梢神経異常説などもあげられます。また他の脱毛症と同時に作用したり悪性になると、回復が長引き治りにくくなります。


【老人性脱毛症】

老化によって細胞の活動が低下し、脱毛します。頭皮が乾燥して皮膚から血管が透けて見える特徴があります。
高齢による老化現象なので自然な現象ですが、日々の生活習慣やヘアケアに気をつけることで、健康な髪をより長く保つことができます。


【脂漏(しろう)性脱毛症】

頭皮に皮脂腺から過剰に皮脂が出てべとついた状態になります。
地肌についた皮脂が毛穴をふさいで炎症を起こしたり、毛穴から細菌が侵入して毛母細胞にダメージを与えることで脱毛がおこります。


【粃糠(ひこう)性脱毛症】

乾燥したフケが大量に発生することで、毛穴をふさぎ炎症したり脱毛がおこります。湿疹やかゆみを伴うこともあります。
抜けた毛根部分はおたまじゃくしの尻尾のように細くなっていることが特徴です。


【トリコチロマニー】

抜け毛症とも呼ばれ、自ら健康な髪の毛を抜いてしまう癖によって脱毛します。
原因はストレスによるものといわれ、女性や子供に多くみられる症状です。


【出産後による脱毛症】

妊娠中は女性ホルモンの影響でヘアサイクルが変化し、休止期に抜ける髪の毛が抜けずに成長します。
出産後にホルモンが正常になると大量に脱毛します。一年ほどで元の髪の状態に戻ります。

 

  脱毛症を改善!!

抜け毛薄毛
<<脱毛症の原因とは?>>
脱毛症は、様々な原因で抜け毛が増え、髪の毛が抜けていくことで、「薄毛」、「ハゲ」になっていく初期過程のことですが、脱毛症と一言でいっても、遺伝なのか?男性ホルモンによるものなのか?、それとも仕事や、育児、学校や家庭環境、人間関係によるストレスからくるものなのか?

それとも食事や、夜更かし、不規則な生活による生活スタイルによるものなのか?又は、病気などの疾患系によるものなのか?脱毛症といっても種類も多く、原因も多岐にわたります。

 

抜け毛が、増えた場合には、自分はどのような原因で抜け毛が増え脱毛状態になっているのか把握する必要があります。また仕事で活躍する女性が増えていることによる女性の脱毛症も昔と比べると増えてきています、女性の場合は、ストレスや、人間関係や、育児、近所付き合い、無理なダイエットなども多いようです。あまりにもひどい場合は、すぐ病院に行ったほうがいいですが、抜け毛が多いというくらでしたらまずは生活スタイルを改善したほうが効果的でしょう。

 

 しかし現在は様々な治療法があり、1つずつ改善していくことで脱毛に関しても良くなることが多いようです。また育毛サロンなどではなく、病院で治療できる脱毛治療もあります。

 


もっと抜け毛・薄毛を調べる

 

 

 

 

 

‣【TOPへ】髪の毛の構造-抜け毛・薄毛の基礎知識で予防対策を学ぶ

【大人気!】抜け毛薄毛対策商品ランキング

 

ページトップへ戻る

ボタン