安部修二名言集!

 

安部 修仁(あべ しゅうじ、1949年9月14日)

 

日本の実業家である。現在、株式会社吉野家ホールディングス社長と株式会社吉野家代表取締役社長を兼務している。

【名言集】

 

企業は往々にして、何かを変えようとしたがります。

しかし、

私の考えは逆です。

間ウは変えるべきでないものを決めます。

それ以外を変えていく。

 

 

 

時間数をこなした人が、成果を出していると

はっきり言える。

福岡県出身。福岡県立香椎工業高等学校卒業、日本大学経済学部中途退学。

高校卒業後、プロのミュージシャンを目指して上京、R&Bバンドを結成して活動する傍ら、吉野家でアルバイトとして働いていた。その後、音楽の道を諦めた安部は、正社員として株式会社吉野家(吉野家ディーアンドシーを経て現在の吉野家ホールディングス)へ入社した。

 

1977年(昭和52年)からは九州地区本部長を務め、1980年(昭和55年)には同社倒産を経験した。1983年(昭和58年)には取締役として経営参加。その後セゾングループの出資により再建された同社で1988年(昭和63年)の常務取締役就任を経て、1991年(平成3年)には、当時42歳の若さで代表取締役社長に生え抜きで就任した。

 

2007年(平成19年)10月の持株会社化により、吉野家ホールディングス社長に就任(事業会社を分割したため事実上は続投)。新会社の吉野家の社長には出射孝次郎が就任し、自身は吉野家事業から撤退していたが、2010年(平成22年)4月より株式会社吉野家の社長を兼任することとなり、再び吉野家事業に携わっている。(出射孝次郎は副社長に降格)

 

学生アルバイトからの叩き上げで社長となった事で、注目されている人物である。特に、東証1部上場企業において非正規雇用出身者が経営トップに就くのは非常にまれなケースである。他に、東証1部上場企業において、非正規雇用から代表取締役等のトップに就任した例はブックオフコーポレーションの橋本真由美等がいる(※但し、両者とも入社時から上場の大企業であった訳ではない)。